シリウス/ 国語 / 社会 / 算数 / 理科 / 生活 / 音楽 / 図工 / 体育 / 道徳 / 学活 / 特活 / 総合 / 情報/ 懇談会 //エッセー/発問集/そのほか /データ /

 いいたい放題


伝える力  失敗を生かす  
伝える力
facebookを始めてみて
7月朝会のお話 植物のちえ
ベクトルをそろえる
ワニはとってもカワイイ生き物だった
職員室がまとまるとき
こだわりの逸品
チョウの通り道
評価基準モデルと教育の多様性
子どもが好きな怖い話
失敗を生かす
力量を上げるために
傾いたクリスマスツリー
学区のパトロール
楽しい算数の勘所
久々にガッツのある奴
静脈錯視
草花や虫の名前を知らなくてはいけないか
3年生の卒業式 子どもを使って競争したくない 自分らしくあること
学級だより風学校だよりを出して思ったこと
3年生の卒業式
「自分の経験を話す」ということは「教材の感動」につながる
「家庭訪問」と「討論の授業」との共通点

IT代に紙芝居が新しい

教育の場にマニュアルは適当か?
子どもたちに大人気の静電気除去グッズ
努力は人を裏切らない

「ではまた」シリーズに想う

学級だよりの内容

コンピュータリテラシー

子どもの好きなお話は…

"みんな同じ"が平等ではない。平等とは区別すること

民主主義の基礎基本

子どもの自主性について

2000年問題?〜この冬に起こったドタバタ

パソコンは表現方法の一つ

自然科学と芸術




雪の降る日に
子どもを使って競争したくない
教師は指導しない、教えない?
教師の腕のふるいどころ

心に残った言葉2000夏1

心に残った言葉2000夏2

この夏、心に響いた言葉1999

自分の道を歩むこと
心のキャッチボール
教育に本当に必要なのは「心」か「技術」か

身近に感じる故事成語

誘いたい、でも誘えない…

ドクターキリコの事件について
学級崩壊について思うこと
インターネットは巨大なデータベース
私のセックス観と保健の授業

教室にやってきた未来

インターネット時代だというけれど・・・





宇宙教育の会合に参加して
自分らしくあること
自分らしくありたい
私は104じゃない
文は裸の人なり
人間関係の作りかた
小学生の心理を作成して気づいたこと

ホームページ作りは、自分のポートフォリオ作り

自己主張できる子とは

赤鉛筆の不思議

愛の最小単位「ふたり」
話し合いの結論を決めるのは、子どもの事実
思春期のすごしかた

"どうしても"の人

音楽会の朝、話したこと

「生きる力」 〜子どもの願いをかなえることが生きる力か?〜

技術(情報)は盗むものか

一斉学習とグループ学習について

離任式の職員室で
子どもの心に故郷を 研究授業でいろいろ言われたら 個性は社会性の上に成り立つ 
映像づくりで大切にしていること
リアル食物連鎖
1/f (f分の1) ゆらぎ
シャープペン・ゴーグルは、OK?
好きと出会い続ける
教育観を高める
肌で感じてひらめく
子どもの心に故郷を
あなたの教育観は?と問われたら
時間を生み出す技
学級経営でいつも大切にしていること

熱血教師は静かに燃える
持久走大会の朝話したこと
私を育ててくれた子はどんな子か?

センスの話

宿泊訓練の入所式で話したこと
子どもは知っているようでほとんど知らない
こんな子になりたい・こんな学級を作りたい
声に出して本を読むと考えるようになる
教育の中立性
子どもと仲よくなるしかけ
近所の散歩から宇宙へ
机上の実験室
名医の条件
よい授業とスーパーマーケットの関係
先生が子どもだったころ
基礎と基本の違い
研究授業でいろいろ言われたら
運動会・個人走での選手コール
真剣さが子どもを育てる
何のために勉強するか?と問われたら
光をあてるべき人は
持久走の練習をがんばって

雨男と呼ばれても

絶対評価のこころ

「本当の学力をつける本」(文芸春秋社)を読んで
なりきると見えてくるもの
1/2成人式お祝いの言葉

忘れたくない私の初心
チャンスを逃さずに
グランドキーパーとサブメンバー
宝石よりも原石が好き
糞マニア
通勤途中に見える景色
秋の実り
やる気の段階
個性は社会性の上に成り立つ
学校は楽しいところでなければならない
光をあてるべき人は
舞台に立つ
絶対評価と通信票について
「人は変われる」高橋和巳(三五館)の感想
「雑草の成功戦略」を読んで1 親離れ子離れ
「雑草の成功戦略」を読んで2 機が熟す大人になること
「読む・書く・計算する」から「見る・聞く・話す」へ
みんなでパーティーをするということ
研究者と現場の教師に共通するに大切なもの
練習は嘘をつかない
コンピュータウィルスとごんぎつね
教師の殺し文句
公教育の「公」
自分ができること

 
好きなことをどこまでも  学級の文化をつくる  よく見ること
教材研究の喜び
人生のギフト
好きなことをどこまでも
変われる喜び
「奇跡のりんご」(幻冬舎)を読んで
説明文はなぜおもしろくないのか?
教材の本質
運動会準備のときのお話
「年をとること」とは、何ですか?
充実した日を送らせてくれるかどうかが子どもの基準
教師人生はVSOP
学級崩壊 −原因があるから結果が起こる−

インターネット時代の師弟関係

ありのままの自分を受け入れる
すべては相対の中にある
子どもを変えるために、教師も変わる
2年生の卒業式
たのしい授業とは
独創性は0から始まらない
研究授業は自分の授業を振り返る場
授業の評価は主観で決まる
実践は現場で生まれる
学級の文化を作る
サンタクロースは本当にいるの?
実践が生まれる喜び
学年の子どもは学年部で見る
教師の「熱」を伝える
躾と誇り
教師によって伸ばせるよさが違う
学級経営の色合い
「情報は発信するところに集まる」の本当の意味
秋季研修参観記
金ではなく鉄として
現場主義
ビデオ編集に垣間見る子どもの横顔
節分の日に
不審者対策講習会

いい授業いい学級・中学校の授業参観記

いい学級・いい授業
子ども力・夢中力
なくなった消しゴム
バレンタインの日に
仕事の報酬
よく見ること
通信表をお配りします
国語の授業を変える
本時の授業は前日までに仕込む
今日は特別扱いの日
働いてくれてありがとう
子どもに求めることは何ですか?
子どもが求める「楽しい授業」とは
自分は教育者として何を子どもや親に残してあげられるのか
自分を語って心に届ける
ほめて育てる
特別支援の心構え
この日のために
教育改革に思うこと
たのしい授業にするために
笑いのある授業と何でも言い合える雰囲気
授業者のためになる事前研を
初めて学校に眼鏡をかけてきた子
八の字跳びへの疑念